describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

絶黒デザインの宇舶新品Big Bang Unico腕時計

唯一無二の「外露ステルス」概念、クラシカルなBig Bangデザイン、自家設計、研究開発及び製造の導柱輪計時機芯Unico、双水平クラッチはフェイスプレートではっきり見える――この腕時計に完璧に融合し、HUBLOT宇舶表の最も標識的なモデルの一つとなっている。

Big Bang Unicoの45.5 mmのおしゃれなケースは機械的なスタイルに満ちています。輪には6本のHボルト(ねじ先は現在磨きやマット効果が選択できます。)をはめ込み、より前衛的でシンプルで機械的なデザインを創建します。もう一つのデザインのポイントは表冠のデザインにあります。表には倒型で作られたゴムが埋め込まれています。縁にはブランドで有名な「H」の字のねじが付けられています。Big Bangは2005年に登場して以来、初めて円形ボタンを採用した。一つの中にはエンジンピストンのようなボタン保護装置があります。ケースのデザインはボビン角やサンドイッチシステムなどの要素を残していますが、ベルトの付属品は改良されています。新しいデザインは有名な「ワンプッシュ式」システムを備えています。フェイスプレートは空虚なデザインを採用して、ムーブメントの動きを目の前に現れさせます。フェイスプレートには有名な指針とアラボ数字があり、改良された設計には重さを加えています。(All Black版の指針は黒のSuperLuminova™夜光塗料をはめ込みました。)。二つは研磨リングによって「包囲」されたタイマーで、分計はそれぞれ9時の位置に置いて、秒計は3時の位置に置いています。。新設計の指針は2層の形態を示し、ブラックSuperluminova™の夜光塗料を併記している。

Unicoはブランドの最も標識の時計の芯で、これもこの設計に参加する原因を選ばれました。それは宇舶表の多数の小型機械技師、技師と表職人が力を合わせて設計した結果です。このフライタイム計(リアルタイムで時間を再スタートできる)は、タブの世界で唯一無二の設計と言えます。二つのボタンと日付が用意されています。その設計は機械位置に焦点を当て、縦二重クラッチ及び有名な「導柱輪」は面盤の鮮明な側に見られます。全体の研究開発の過程はまったく違った考え方を必要とします。縦二重クラッチと面盤の総合的な導柱輪は中間の60秒計と3時位置の60分計を合わせます。

設計上の簡略化は、タイマーの「開始、停止、リセット」機能に大きな信頼性と柔軟性をもたらし、これらの機能も目や着用者にとってより使いやすいです。縦フォークと縦車輪を捕らえて移動可能なプラットフォームに固定し、シリコンで作られた、究極の軽さは性能を大幅に向上させました。非常に高い精度と信頼性は、ムーブメント330の部品の動作に有利であり、その多くは、LIGA技術で作られています。時間当たり4ヘルツ/28,800回の振動の周波数と完全無傷の手作業は、この時計の非凡な品質を反映しています。腕時計は自動化生産プログラムで作られています。切断、宝石の象眼、潤滑、複数の組立工程は自動化されています。動力貯蔵は約72時間あります。

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の投稿

カテゴリー