describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

ETAチップはVSチップを自製してますます激しくなります

ETAチップはチップの紛争を自製するのと昔からそうで、しかしここ数年ますます激しくなる勢いがあります。ETAはスイスの最大のチップメーカーで、この工場の供給するチップも穏健で信頼できる、可塑性で強くと価格が実がある有名です。もしかすると市場占有率が占めて高を追い越すため、スイス競争委員会の関与を引いてきます。2002年に、時任スウォッチグループの総裁のニコラス・G・海耶克はETAが2006年の年からだんだんそして最後に対外チップ供給を停止するのを減らしを宣言します。最新の情報――スイス競争委員会は本来は2020年1月から徹底的にETAが第3者にチップを販売するのを禁止するのを考慮して、しかし最後に現行の合意を1年延長して、2020年の夏季にまた決定をするのを待ちます。

ETA以外、Sellita、SoprodとVaucherも表を作成する業界の機械のチップの重要な供給商です。それぞれ大きいブランドも次から次へと研究開発する力度を増大して、自分で作る能力に発展して、たとえばカルティエ、アテネの時計、BVLGARIブルガリ、Chopardショパン、IWC、モンブラン、名士(Baume&Mercier)とオリスがすべてあかぬけしている業績を得た。ブランドに選んで協力するようにもあって、ないものウブロコピーを融通し合って、たとえばブライトリングとチュードルは表します。近ごろ消費者にとって、チップを自製してすでに1つの吸引力をかなり備えるセールスポイントになりました。しかし性能の角度から見に来て、これらのチップは本当にETAチップに比べて更に勝って計画するかどうかとですか?依然として討論を待たねばなりません。

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の投稿

カテゴリー