describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

ロレックスの栄誉はドミンゴの筆頭になるオペラ《マックが白い》を献呈します

2016年9月7日、シェークスピアの没後400周年を紀念するため、ロレックスの手を携える国家大劇場、世界の有名なスペインのテノールの声楽家から普遍的に西の多い・ドミンゴ(PlタcidoDomingo)を引き延ばして筆頭になりが出演するベルディのオペラ《マックが白い》現れます。世界のトップクラスの腕時計のブランドのロレックスの代弁者と世界の有名なテノールの声楽家として、ドミンゴは80高齢にすでに近くなりますが、今なお芸術の道の上で怠らないで探求して追跡します。継いで2015年にロレックスといっしょにその後ベルディの名作《サイモン・波カード涅が引き延ばす》を献呈して、再度国家大劇場に来ます。

そして《マックが白い》と《ハムレット》、《リア王》、《オセロ》はシェークスピアの“四大悲劇”と称して、マックが強烈な権利の野心のためねじ曲がって、落ちぶれて壊滅する過程が白いをの描写するを通じて(通って)、屈折は豊富な社会の内容を出して、シェークスピアのヒューマニズムの思想を体現していました。この版《マックが白い》は大家のダニエル・ヨーロッパの同類を指揮するから指揮をして、天才監督の黒い戈・ドイツ・安は刺し縫いして監督します。ドミンゴの主役を演じるオペラの男性の主役のマックが白くて、女主人公は有名な中国の女性の声楽家の孫秀葦から出演します。

1847年、イタリアの作曲家のベルディは皮亜韋のシナリオによって《マックが白い》をオペラの舞台に運びました。《マックが白い》はベルディが生活の中に第一部シェークスピアの劇作の改作するオペラを創作するのなだけではなくて、同時にベルディの初期のオペラの中で今なお今なお絶えず上映して、そして強大な芸術の影響力と感化させる能力の傑作があるだます。オペラ《マックが白い》は忠実にシェークスピアの原作だけではありませんで、更に強烈で劇的な音楽があって人物の内心の欲求と恐れを掘り起こして、そして原著の中で“扉の音をたたく”、“夢遊する”などのシーンに対して持っていて人の心の振る舞いに震撼します。

国際テノールの声楽家に名を揚げるのは普遍的で西の多い・ドミンゴ先生を引き延ばすオペラの史の上で最も傑出している演劇芸術家の中の一つで、独特な音線と富む力のが演繹するで世に名を知られます。ドミンゴは1982年からずっとロレックスのブランドの代弁者を担当します。彼は音楽界の伝奇的な人物なだけではなくて、気前よく度量が大きいです、親切に投じる担任教師、ずっと全力で才能が抜群な若い芸術家を支持します。彼の創立した“ドミンゴの世界のオペラの声楽大会”、2001年から連続16年ロレックスの賛助を得ます。ドミンゴは彼とロレックスの連絡をこのように説明しのでことがあります:“ロレックスの腕時計の投じた時間、気迫と技巧を作って、組み立ててテストして、もし楽譜を編纂して着いて舞台の過程に足を踏み入れる、同様に品質を気にかけます。”

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー