describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

クラシックの成長期――カルティエDrive de Cartierシリーズの月相の腕時計&超薄の腕時計

去年のジュネーブの時計展の上で、カルティエは新しく形を敷いて殻設計の紳士Drive de Cartierシリーズを表しを採用するのに頼っていて、みごとに無数な時計の謎達の眼光を引きつけました。今年まで着いて、カルティエはまたこのシリーズのために二人の新しい成員を加えて、それぞれカルティエDrive de Cartier月相の腕時計とDrive de Cartier超薄の腕時計です。

初出の月相のデザイン、私達に残しておく唯一の印象便はこれが1枚が精致な仕事と喜びの外観2が合して1となる逸品を求めるでしょうで、精密な鋼材の本質的な選択もそれに対してほっと息をついた興味の表す謎達がありを譲りを信じて、さすがに春節あとで、親しい友達を訪ねる財布を行くのが必ず水にぬれると縮むでしょう多い。超薄のデザイン、優雅でつるつるしていて軽便ですばやい姿が素晴らしくて、しかしプラチナとバラの金の2種類のデザインだけあって確かに少し胸が張り裂けるようです。

Drive de Cartierシリーズの月相の腕時計の依然として採用したのは40mmx41mmサイズの敷く形が殻設計を表すので、そして選ぶことができる精密な鋼の材質あるいは18Kバラの金の材質の2種類のデザインがあります。その八角形は冠の上で時計の殻とと同じに使った材質を表して、しかもてっぺんはサファイアの飾りに付いています。2本の藍鋼のポインターは丸くない真珠に付いていて装飾の紋様の盤面を彫刻する上になめらかに移動して、その上めぐって外のクラシックのローマ数字時表示して、優雅な息は勢いよく出ます。6時に人が便につきあうのは月相の盤面で、第は一目で見たところとても精致だと感じますが、しかし2分の便を過ぎて下の“AUTOMATIC”の字句の加えたの本当に少し書き損ないの感を発見します。

このカルティエDrive de Cartier月相の腕時計は全く複雑な月の運行の周期に現れ出ることができて、125年ごとに“天文”のランクの品質のそれを持ってやっと一回学校を加減するのが必要です。その内部の搭載していたのはですCal.1904―LUMC型の労働者の坊は精製して自動的に鎖のチップに行って、振動周波数は28800Hzで、48時間の動力備蓄物を提供することができます。

カルティエDrive de Cartierシリーズの超薄の腕時計の厚さはただ6.6mmのためだけ、2016年のデザインに比べて要して40%ぐらい薄くなります。これはしなやかで比類がない時計算してプラチナとバラの金の2種類のデザインを持って選びことができる見えて、エーテルの陽極線の紋様の針金をつくる盤面の設計はカルティエに取って代わって一貫してよくの丸くない真珠で彫刻して紋様に扮して、このように更に優雅な風格を現してスポーツの息を兼備します。そのサイズの大きさは38mmx39mmで、防水の能力は30メートルで、その内部の搭載していたのはですCal.430MC型は手動で鎖のチップに行って、このチップは伯爵の430Pで基礎のチップが磨き上げるためになるので、こうなると相応しも側の方面から伯爵の水準に現れ出ました。Cal.430MCの振動周波数は21600vphで、動力は36時間のためただ時間だけを備蓄して、率直に言えば、多少人を失望させます。時計の文字盤の上で頃の表示の以外、その他の機能がなくて、しかしなぜかというと元来行ったのはシンプルで細かくて薄い路線で、このような設計して人に規則の中で10点(分)の中おきてを感じます。

もし1つの語句でカルティエがこの表したのを開発していて過程でそれらの意味を与えたいをの形容したら、それでは“永久不変だ”の2字であるはずです。心からでの、私達がカルティエを言い出すのであろうとのが思い付く戦車のシリーズがまだ山度士のシリーズで、この二者にとって、時間長い流れ(川)魅力の減少しない永久不変の息をまたがり越えるのは依然として絶対に疑いをはさんだ必要がないのです。Drive de Cartierシリーズも同じで、シンボル的な敷く形の外観がローマ数字を足す時表示して、だんだんの同じく謎達を表しになる心の中の外の一種のすばらしいカルティエのラベルを信じて、私達はとても2018年のジュネーブで時計展の上で再度このシリーズと会いを期待して、当時を信じて、それは必ずもっと多いまばゆい場所を持ちます。

全く新しいカルティエDrive de Cartierシリーズの月相の腕時計が配備して1条の半セミグロス茶褐色ワニの皮バンドがあって、精密な鋼のデザインの売価は7850ドルで、18Kバラの金のデザインは21100ドルです。全く新しいDrive de Cartierシリーズの超薄のプラチナの腕時計はただ制限して200匹発行するだけ、それが配備して1条半セミグロスのグレーのワニの皮バンドがあって、18Kバラの金のデザインは茶褐色ワニの皮バンドで、それらの価格が別れるのは16700ドルと15600ドルで、そしてを今年の4月に正式に発売するのに始めます。

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー