describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

もしも未来の世界にあって、機械が表してまた(まだ)存在ができますか?

小説を読むことが好きなため、私は小説の未来の世界ので中で発見して、科学技術は極度で発達していて、ほぼ1部の携帯電話あるいは1つの端末はすべてをやり遂げることができて、人類の分業は巨大な変化が発生しました。今の人々の思い付くことができる甚だしきに至っては思い付くことはできないすべては全て有り得ます。突然思い付いて、もしもあのような未来の世界にあって、機械が表してまた(まだ)存在ができますか?

現代人にとって、機械が表すのは品位で、態度で、財産のシンボルで、身分の体現で、出すプレゼントをむしばむです。見たことがあってことがある1篇の未来の小説の中で描写するのを覚えています:未来の役者は実はすべて科学技術によって、芝居を上映する時すべて白色のぴったりした服を身につけているので、何が複雑に特効をするだけで良いのでさえすれ(あれ)ばが必要で、トリックが舞台衣装のこの点に従ってと淘汰してしまったと言うことができます。《心理の測量者》の友達を見たことがあって多分知っていて、中の女性の主な服装が室内と装飾するのはすべて視覚効果で、私からするとまったく幻覚です。話題に帰って、機械が表して未来の世界でまた(まだ)存在ができますか?この問題は実は更にはっきり機械が表して永久に存在するなことができるかどうかと言いました。

この問題を逃げて、機械がどうしても今のところでの意味を表しを前もって言っておかなければなりません。時計算する道具として、否認できない機械の表す機能性とその道具の意味。しかし、更に否認できないのは、もしもただ時間を見るためだけ、時間単位の計算、石英の時計はしたのがもっと良くてもっと安いことができます。石英のあらしの時に、石英の時計は伝統の機械に対して表して巨大な衝撃をもたらしのでことがあって、しかし今、人々がよく機械的に表すと思って石英の時計より高いです。機械は表して依然として腕時計界の国土の半分を占めます。私は感じて、石英のあらしの後で機械の表す飛躍はそれため自分のもう一つの道が見つかって、事実上、すぐ機械飛躍を表して、石英の時計も失敗がありません。

それでは問題は来て、機械的な表す道具性はただ1つでなくてではなくて、それに取って代わることができる多くのものがあって、それではそれは今どうしてまた(まだ)そんなに人気がありますか?これでそのに話が及んで位置を測定して、ブランドの機械が表すのは贅沢品で、芸術品で、貴重なアクセサリで、身分のシンボルです。いくつかが親民の機械に比べて表すのも実は普通な人を満足させるために機械に対してたとえ表す追求ですとしても。言うことができて、機械は表してすでに次第に時間単位の計算の道具の本義を離れて、シンボルになります。あなたが味わいがありを象徴して、あなたが身分がありを象徴して、あなたが財産がありを象徴して、あなたが時間の観念がありを象徴します。

中国服、ラジオ、フィルムのカメラなどこれらとても流行していて流行っているしばらくのものがことがあるように、取って代わるべきものがないのではなくて、それではいつの日かもっと良い更に先進的なものに取って代わられます。今あれらのものはすべてすでに骨董或いは昔の風俗習慣のもので、人々がそれを求めるのは家の装飾が株の手本になる人がいるようにただ気持ちだけ、です。

世界、なにかないのは時間を除いて永久不変の存在の、です。機械が表すがのが時間の道具を記録するので、しかしそれがのがただ1つになった後のに時に、それは取って代わられた可能性がありました。未来にあって、機械は最後まで表して存在することができますか?私は感じて、機械が表すのは存在の可能性があったので、しかし骨董として、博物館の中で、秘蔵品として、少数者が手だ、歴史に似ている上の絵画、磁器などの芸術品が同じです。あなたはどう思うですか?

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の投稿

カテゴリー