describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

青春活力のエルメスは2020春夏の新型の鑑賞北京で行います

1月8日午後、エルメス(Hermès)は2020年の春夏に新型のシリーズは鑑賞して北京でします。エルメスのブランドのバッグ、靴の靴と腕時計の真珠や宝石は春夏最新の新型は皆メディアに向かって発表して、新しい1年の流行っている傾向は何ですか?青春、詩情、活力ですか?私達は現場まで(に)一体見ますと。

現場のどこにも見られる月の元素、思わず私達にエルメスArceau Petite Lune小さい月相の腕時計、ARCEAUシリーズを思い出して月時間の腕時計を読ませる……エルメスは表を作成してと月の源昔からそうです。できる隅を鑑賞して、専門的に1つの真珠や宝石の腕時計地区が設置されていて、高級の贅沢品のブランドのエルメスにとって、ブランドは新しい1年の中で真珠や宝石の腕時計をいっそう関心を持つ製品ラインにします。

今日私達もイベントの現場で1枚の“固定していないの”のArceau PetiteLune小さい月相の腕時計に会って、実物は画像に比べていっそう質感があって、照明は時計の文字盤を下へ照らして細くよけるのがまだいます。

1つのトップクラスの技術の贅沢なブランドとして、エルメスはブランドのすばらしい文化を表を作成する巧みで完璧な技術と完璧に解け合います。優雅な38ミリメートルのステンレスは殻を表して、白色の天然真珠の雌の貝の時計の文字盤によく合います。きらめく乳白色の時計の文字盤の上で縫って“回転する”の真珠灰アラブの時表示するのがあって、サイドオープンのポインターと持ちつ持たれつで更によくなります。この鋼の貝のマザーボードの国内の売価は65、200の元です。

CAPE CODシリーズの腕時計の顔立ちと2個半の錨の鎖の輪の造型が耳を表して構成するのは完全な“錨の鎖”が殻を表して、勝手に遊んでこのアイデアの元素を回転します。エルメスのデザイナーRobertDumasから1938年に構想してなる錨のチェーングラフ案。今のところ、ブランドは改めてこのを元素に設計して腕時計の設計の中でで解けます。第2周の腕時計のバンドは巧みな製作を通って、サイドオープンの錨のチェーングラフ案を皮革の中で見えつ隠れつさせます。

全く新しいHEURE Hシリーズの腕時計の霊感はシリーズのすばらしい“H”の造型に生まれて、前に比べていくつか変化がありました。簡潔な2針の設計、時計の文字盤の上“3、6、9、12”の数字の時に表示して、できるだけの女性ためは本当にの現代シンプルな風格を原状に復しだします。同様に2周の腕時計のバンド設計で、設計がと前に異なって、点の刻む方法が段階を入れて更に鮮明だも十分に地味です。

2020年、エルメスは春夏新型が人々に最大の感銘を与えるのは色のいっそうのがあでやかでで、一目で人々の目を捉えることができます。その他に設計上でもいっそう若い世代の選択に似合って、図案のがそれとも元素、材質の選択、すべていっそう青春の活力を選択して使用するのなのにも関わらず。

私達の印象の中で、エルメスは贅沢品の業界で疑いをはさむ必要がない地位を持っています。これは1837年のブランドに始って全く手工芸の製作に忠実で、腕時計はこれは時間と技術の芸術の種類に関して中の一つです。エルメスは過去の1年中で私達の多すぎる意外な喜びにあげて、男性がやはり(それとも)女性を表して表すのなのにも関わらず、月読んで時間、小の月等しい腕時計がすべてエルメスの以前の設計を転覆しました。新しい1年、ブランドはもっと多くて優秀な作品を持ってくることができるかどうか?焦る必要はなくて、私達は切に期待しています。

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の投稿

カテゴリー