describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

自動的に鎖システムに行ってどのように陀を並べるによってぜんまいの箱に対して効果的に更に鎖に行って2の大きいシステムに分けることができま

自動的に鎖技術の精進に行きに従って、自動的に鎖システムに行ってどのように陀を並べるによってぜんまいの箱に対して効果的に更に鎖に行って2の大きいシステムに分けることができます:

一、一方の上に鎖システム

ぜんまいの箱の内の主なぜんまいは反時計回りで締めて受け取るので、順時計方向は動力を釈放して、そのため単一の方向でぜんまいの箱に対してただ鎖を行うだけを許して、いわゆる一方の上に鎖システムは指すの自動的に何度も運営に揺れ動く時陀を並べるので、その中の1つの方向はぜんまいの箱の上で鎖のため、その中の1つの方向のは揺れ動いてアイドリング状態が現れます。

伝統のよくあったのが一方の上に鎖のシステムアーキテクチャ。

二、双方向の上で鎖システム

双方向の自動的に鎖状構造に行く特徴は、どの方向動作がすべてぜんまいの箱に対して転化の同じ単一の方向に揺れ動く上に陀鎖を並べるのであろうと、構造はイーブンだによっていくつ(か)の主要な設計があります:

1/両のただ逆なラウンドは設計します

両のただ逆な構造の双方向の上で鎖システム、2チームの方向転換のただ逆なラウンドを利用して互いに切り替える鎖の歯車が達して陀双方向の動作を並べるのを推進する時全てぜんまい箱の上で鎖に対して変えて単一の方向になることができるのです。ETAのは自動的に鎖のチップとロレックスの自動チップに行って全てただ逆な設計を両採用します。

2/切替は軸に揺れます

切り替えるのは軸(SwitchingRocker)に揺れる両と概念の似ている双方向の上でただ逆な鎖システムで、2つそして中隊のただ逆な輪列の中で、1つの伝動するベアリング(つまり切替が軸に揺れる)を通して互いに影響を及ぼします。陀が1つの方向を担当するに向って最も早くハンドルの中の1つ目の歯車を切り替えるのに影響を及ぼしを回しを並べて、それから2つ目の歯車に影響を及ぼして、2つ目の歯車が続けて最初に減速してぜんまい箱の上で鎖の蓄積エネルギーに対して、に順番に当たりにそして、動くでしょうを受けます。これに反して、もしも陀を並べてもう一つの方向に2つ目の歯車が最初に減速する車輪の接続の伝動する切替を最初にギヤ伝動は最初に減速する車輪だからぜんまいの箱に対して着く上から、鎖を回します。ジャガー・ルクルトの889はと相手の3120が自動的に鎖のチップの採用する便に行くのがこのような双方向の上で鎖システムが好きです。

3/彫るに比べて双方向の上で鎖にちょっと止まります

彫るに比べて双方向の上で啄木鳥の双方向の上で鎖システムのため鎖システムのまた愛称にちょっと止まって、IWCIWCの1950年代の時出したつめ式が構造を制動するので、その時のIWCの技術の総監督AlbertPellatonから設計して、陀を並べて直接決して輪列に影響を及ぼしなくて、固定に1つのカム上でで、カムは固定に1つのブレーキローラをさせられる上で、フープの両側は両ルビーで皿にたぎって操作に影響を及ぼして、2つのつめから順番にしるしをつけてぜんまい箱の上で鎖に対して歯車に動きます。

4/新型のつめの双方向の上で鎖システム

つめの上で鎖システムは1つの両端の長さが一様でないY字形のてこの部品の直結を利用して陀の中で軸を並べて減速するのと順番に当たるので、陀順時計方向を並べて回す時、Y形のてこの右腕は下へ減速して順時計方向の運行に順番に当たって1歩進んで鎖に行きを引けて、左腕は空回りは制動します。陀を並べるのが逆時計回りなる時、Y形のてこの左腕ポップアップ、減速するの順番に当たっても鎖に時計方向回転をしをぜんまいの箱の上でにします。これらのシステムはセイコーのマジックのてこの構造を代表にして、それ以外にIWC、盛んな刺し縫いする海、カルティエ、タイ格HOYAが全て採用がありを含みます。

上鎖の簡単な2つの字、ところが機械の構造の中で実際ののは各種の学問、技術と専門を含んで、ごく短い1篇の文章が探究するのが有限で、関連した構造は重んじるのとまたこのようにとどまらないで、このシステムのが整理するのを通して、時計の愛好者に更にはっきり機械時計運動エネルギー機関のの個の中で巧みなことを理解するように助けることができるのを望みます。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー