describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

腕時計の中のエナメル、どうして私達をこのように引きつけますか?

エナメルについて、もしかするとみんなはすべてよく知らなくありませんて、実は更に正確で、エナメルは塗料名で、“ホーロー”もといって、鉱物質のケイ素、鉛丹、ホウ砂、長石、石英などを適切な割合で混合するので、それぞれ各種の異なる色の金属酸化物に参加して、研磨をあぶり焼いて粉末形の色彩を製造して推測した後にを通じて(通って)、異なる技術を採用して胎体上で使用します。エナメルと陶磁器の釉、瑠璃は珪酸の塩基類の物質で同じく属して、しかし異なっての、中国の古代の時、陶あるいは磁器の胎の表面でのに付着して“釉”を称させられて、建物の瓦の件の上が“瑠璃”と称させられるに付着して、付着するのが金属胎体の上で“エナメル”といいます。

多くの博物館の中で、私達はすべてエナメルの製品を見ることができて、エナメルの大概は13世紀末にアラブから中国に入って来るので、明朝の景泰の年間の“景泰藍”に似ていて、中国の古代のとても有名なエナメルの技術です。エナメルの製品は過程で製造していて、繰り返し色、ベーキングを埋めるのが必要で、複数トラック工程を通ってようやく完成することができて、その上作っていたの過程で、また(まだ)絶えず表面が水ぶくれができるのに失敗する可能性直面します。

腕時計の中で、“大きい見える火”のエナメル(Grand Feu Enamel)は一つの比較的高くて比較的精致な技術で、熟練していこのロレックスコピーような技巧を掌握することができる少数のいくつかブランドがしかありません。比べて見て、“大きい見える火”のエナメルの製造する時計の文字盤、色は更にやさしくてきめ細かくて、通って心をこめて彫り刻んだ後“大きい見える火”のエナメル、芸術品がオーバーではないそうです。

1枚の“大きい見える火の”エナメルの誕生、まず金属の胎の底を売り払いに行って磨き上げなければならなくて、時計の文字盤の上でほうろうの粉末をまき散らして、毎回すべて一色係と色を塗ることしかできません。行き終わった後に送り込んで800度の大きい見える火のかまど内でベーキングで、取り出した後に長すぎる時間を通じて(通って)冷却して凝固して、やっと引き続き色を塗ることができます。もしも純粋なアイボリーあるいは黒色を焼きだしたくて、難度がもっと大きくて、900~1200℃に達していなければならない高温の中で繰り返しベーキングだ。

ここに話が及んで、例を挙げるほうがいいのがもう少し明らかです。18世紀から、“大きい見える火”のエナメルはジャークの独ルーマニアの一大のシンボル的な技術になって、ジャークの独ルーマニアの技術の大家はどのように粉末の太さを割り当てる、について掌握してベーキングの円熟の域の上で習熟して、芸術品の普通な腕時計のようだ世間の人の目の前で陳列するでしょう。1モデルの良い大きい見える火のエナメルの腕時計は数年保存することができて、依然として宝石の類の独特な光沢と質感を維持しています。

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の投稿

カテゴリー