describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

相手のミレニアムの4年期のカレンダーの腕時計が好きです

相手のミレニアムの4年期のカレンダーの腕時計の面白い場所が好きなことを話して、先にカレンダーの腕時計に付いているのを話します。その中がきっと第一万年暦の腕時計をおすのが機能が強くて、これらの腕時計が普通は学校を加減する必要はなくて正しく期日すぐ次の全体の百年まで着きを表示することができて、自動的に大きい小の月、2月と平らな閏年の中の月を識別して変更することができます。しかしこのような腕時計は1つの楽しみに不足して、それはつまり機械に手動の上弦を表しをあげます。

相手の今回の出したこのパネライコピー腕時計が好きで、とても意図と言えて、4年の調子の学校の一回のカレンダーごとに表しが必要です。それと万年暦の最大の違いは――周りのカレンダーは自動的に平年のすべての日を識別することができて、しかし閏年の2月の29日目を識別することができません。4年のこの15分ごとにで、持つ者のために感銘の機械的な米の楽しみを持ってきました。同時にミレニアムシリーズの盤面はいつも1筋の未来思いを漏らして、盤面がよく一部の空間を残して時間の外のものを展示するのに用いて、全体の時計の文字盤の左側で、チップは車輪を並べて現れてきました。月表示は週とそれぞれ窓口の形式で12時の人と6時の位置に位置するのを表示して、同時に透かし彫りの10点(分)ポインターは決して言いふらしなくて、しかしあの一サークルの“乱れているダンス”のローマの目盛りの時に表示して、このため腕時計のバンドは限りがない張力に来て、全体の腕時計はとても旺盛なことに見えて、しかも設計の新しいイタリアを満たします。

1分のフローティング陀はずみ車と時間は分離を表示して、まるで重力と時間を全く仕切って、全景の表す鏡設置、更に譲る時計算してとても変化に富みとらえがたいのに見えます。腕時計は両ぜんまいの箱を採用して、動力の貯蔵は3日を上回って、これはあれらのためによく上弦の“怠け者の”達が福利を持ってきたのを忘れます。中央が殻を表してまた(まだ)設ける貯蓄して表示する線形の動力があります。全体の腕時計は4年しばしば経験して研究開発して、霊感を設計して前世紀の70年代の工業の時代の理念に生まれます。

 

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の投稿

カテゴリー