describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

自分で作ってチップを表してHOYAの最も重要な実力になって証明を積み重ねます

この事を設計して先に解決した後に、自分で作ってチップを表してHOYAの最も重要な実力になって証明を積み重ねます。今タイ格HOYAの使うH01とH02が自分で作ってチップを表しを積み重ねる前に、HOYAはたくさん研究開発と作品を表しを積み重ねるのを自製する出したことがあってことがあって、その中は1887、1969の2つの型番の自制がチップを表しを積み重ねるのを含んで、1887ヤードはチップを表して再度滑る歯軸の技術を腕時計のチップに持っ(連れ)て入って、1969ヤードがチップを表してガイドポストがチップの開発を表しを積み重ねるのに順番に当たりに力を尽くして、このチップもタイ格HOYAが全面的にチップの重要な一里塚を表しを積み重ねるのを自製するのに入るです。

時計がすぐ比較的大量に規模の製造したのが積み重ねることができるためにチップを表しを積み重ねるのを量産して、このようなチップはいくつ(か)の重要な通用チップ工場にすべてあって、どうして科学技術の進歩の現代まで着いて、依然としてただ珍しいだけの自制の量産はチップを表しを積み重ねますか?主要な原因は時間を開発するのが長くて、コストを投じる大きくてで、ただ1枚の優秀なガイドポストの順番に当たる製作の上で、しかも繁雑に精度はきわめて高いをの求めて、時計のモジュールが多く度の高、精度に耐えなければならないかを積み重ねて高くて、反対にひっくり返ったのが動く中に摩擦して消耗を行うのは部品のポジションとすべて常に発生する事で、ただ豊富な経験を持ってしかも本当にのスーパーコピー時計がようやく量産を行って時計を積み重ねることができます。

2020年にアカザを押さえてシリーズとスポーツのシリーズの時間単位の計算を引き延ばして時計の全て搭載するタイ格HOYAH02ヤードがチップを表しを積み重ねて、多重があって近代表す優秀な特質を積み重ねるのを量産しました:ガイドポストは構造、4ヘルツに駆動してしきりに比較的長い動力(80時間)と奮い立ちを表しを積み重ねるのに順番に当たって、3針の小屋の盤面の配置、用意して表示する秒(さん)、期日があります。手触りを操作するのから言って、タイの格のタグ・ホイヤーの工場は比較的きつい(安全によく考慮する)を適当な場所に置きをによってに慣れて、しかし優良なガイドポストのタイヤの来たのを失わないで順暢に手触りを抑えつけて、黒色のサイドオープンは陀の設計を並べて、のを表すのが格好が良いために更に1時(点)クール力を加えます。

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の投稿

カテゴリー