describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

時計の芸術の発明家を心から愛します

“ハリスンは歴史の上で最も偉大なイギリス人の中の一つで、しかし1%しかない人は彼の名前を聞いたことがあって、彼の偉大な発明の“バッタの雁木車”(GrasshopperEscapement)の人が更に少なくなったのを知っています。私は彼の発明を屋外に置いて展覧を望んで、もっと多い人に彼を知っていさせて、彼の天才の創造を知っています。”イギリスからのジョン・テーラー博士(Dr.John CTaylor)はこのような願いがあって上海に来て、第6期の上海国際で現代芸術展の現場がそのためにGrasshopperシステムを霊感の製造したChronophaseシリーズの第3件の作品にしてThe DragonChronophaseの全世界が式典を初めて発行して開幕します。

テーラー博士はケンブリッジ大学を卒業して、イギリスの現代有名な発明家の中の一つで、彼は住まいの用品、サーモスタットと電気器具設備の領域に数百の特許を持って発明して、今のところは全世界の範囲の広く歓迎を受けるなしの縄のやかん便で彼の有名な発明です。実は、発明家はテーラー博士の唯一の肩書きではなくて、1981年に彼は父の会社を再編してSTRIX有限会社を創立してそして理事長を担当して、彼のが連れるにおりて、STRIXはイギリス女王の公布した四大人に夢にまで願わせる賞を獲得して、360度が縄のやかん便がないのはその一としてです。

前世紀60年代に、若いテーラーちょうどケンブリッジ大学が卒業する後から始業のの時、接触する設計と創造能力を展示して、彼がハリスンのストーリを聞いている後のに時に、こちらのイギリスの時計の歴史の上の偉大な人物に対して濃厚な興味が発生しました。ここ数年来、彼は17、18世紀の時計の学ぶ大型の展覧に関して多数を催して、その中はそれぞれウェストミンスター寺院エルサレムで会議ホール、皇の家学会がバッキンガム宮殿の催すジョン・ハリスンと展覧するのを含みます。

2004年、テーラー博士が時計のが払いに対してついに受けるのが業の内で確かで、古い文化財の時計技術を獲得して授与するpa西・道森の表彰メダルを学びます。“今の社会、新しい時間単位の計算の道具は次々と現れて、多くの人は甚だしきに至ってはすべて腕時計をつけたのがおっくうでした。時間は彼らの携帯電話上で、テレビの上でコーヒーメーカーの上で、を表示します甚だしきに至っては。時間は私達の生活を制御していて、しかし私達はの規則を。少し考えてもみなさい初めて時計を見た時どんな形ですか?多くの学者は人類に対して発展して最大の発明が車輪に影響すると言って、私は賛成しないで、私は時計だと思います。今、車輪は人の召使い、人ところが時計の奴隷です;人々はこの車輪を御して、しかし時間はあなた私を制御しています。イギリスの産業革命のは如実にこのような転換を始めて、変化は変化のために変えるのではなくて、生産を譲りために更に容易で、更に合理的な機械系あるいは更に精確な時計をすることができて、私は300数年前の時計の職人の考えを理解するのに行きたくて、行って考えたのを思い出して、この便は私がイギリスの時計の原因を研究するのです。”

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー