describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

describe your menu link here

Archives of the day 10/10/2020

亜を飛んで達する馬思純が時間を享受するのに出会います

私達はいつもすばらしい記憶が止まって最も美しい時間で駐在することができるのを望みます。時間、最も良い目撃証言者になった。空気の中でロマンチックな息に充満していて、1年に1度の七夕すぐぐるぐる回って舞いを要して着きます。2016年8月2日、七夕の前夜にで、亜を飛んで手を携えるブランドの親友の馬思純に達して、在京東ビルは“亜を飛んで京の東の戦略的協力に達すると”と“楽しみ時間があなたのすべてに”の花言葉のシリーズの腕時計の新型の発表会を開催して、それによって飛亜達グループと京東グループの腕時計の業務の領域での戦略級の生態を開いて協力して、そして現場は開幕して亜を飛んで2016の[……]

Read more

ハンカチの瑪の強い尼は腕時計とジャズ音楽をやり遂げて完璧に解け合います

“ジャズ音楽”についてしかし米国の作者ToniMorrisonの2013年に出版した《ジャズ音楽》のこの本を思い付くを通じて(通って)譲らないで、確かにこの本の全文のリズムはとても遅くて、引き延ばす筋が単一で、もしもちょうどよい具合に横たわって1つの心地良いソファー上で寝つきやすいです。読者もあって人を魅惑する場所を思うのは述べて芸術の上ですでに入神の境地の地に達したのにあります。腕時計が手の込んだ仕事を象眼するのは一つの高さの精密な技術で、ジャズ音楽と全く違って、即興で創作する空間がなくて、それは高い敏感な力を備えるのを求めて、甚だしきに至ってはある程度は直覚に頼ります。[……]

Read more

ロレックスの“色彩皿”、どう来るですか?

今年、人に予想もできなくならせるのは、ロレックスの新作の色彩皿のカキ式の恒は動いて、怒りました。以前、ロレックスとして入門して表すカキ式の恒動いて、ずっと“最もぱっとしない”のロレックスです。今年、カキ式の恒はとても公の価格に動いたなんと同じく。特に緑の皿、ティファニーの青は“ピカチュウ”の黄色の皿のカキ式の恒と称させられるのと124300動いて、最もあついのが色を合わせるのです。

新作色彩皿のカキ式の恒が“1時計が求めにくい”、“公の価格を超える”の情況に動くについて、すべて市場経済で、この私に対して理解を表します;同時に、ひとつのスーパーコピー時計として大人気の名[……]

Read more

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の投稿

カテゴリー